【公立はこだて未来大学】山本理顕の代表作。使う人とともに作り上げた透明感あふれる教育機関

概要

さて、本日紹介する建築は公立はこだて未来大学です。一つ前に紹介した横須賀美術館とともに、山本理顕さんの代表作の一つとされています。
開放的な学校となっているところに注目です!早速見ていきましょう!

ここで少しだけ自己紹介をさせてください。「一日一建築」と称して毎日自分の好きな建築について発信しています著者のちぇりーです!
このサイトの特徴として、建築学生が建築計画という観点から評価するというところで、ボリュームは少し多めですが、その分、建築についてより深く学べると思うのでぜひ見てみて下さい!

見どころ

大きな吹き抜けと階段状のスタジオが、正面の大きなガラスカーテンウォールに面しているところが見どころです。上の模型で見ると開かれたワンルームにほとんどの諸室が収められていることが明らかですね。
従来の学校は、じっくり集中するため閉じられた環境が作られることが多かったですが、この建物では真反対で、開放的な空間となっています!
その背景には、作る人だけではなく、30代の若い「つかう人」まで計画に関わったということが挙げられます。

この「開放的」な空間を作るためのいくつもの工夫を見ていきましょう。

アクセス

函館駅からバスで45分ほどで、高台に登ったところにあります。

建築としての評価は?

建築家

今回の設計は、山本理顕さんです。以下のブログにて紹介もしていますので、ぜひ見てみて下さい。

【山本理顕】

概要 本日紹介するのは、山本理顕氏です。彼は、とても洗練されたデザインで有名でしょう。ハコ型も併せ、とても抽象的なものを建築にすることに長けています。 ここで少…

コンセプト

コンセプトは、「学びを開く」です。

この階段状になった開けた空間は、「スタジオ」と呼ばれています。「スタジオ」とは、主に建築の勉強をする空間のことを言います。また、この写真の左部分には、「アトリエ」(製図室という意味)があります。この学校には情報系の学部しかないにもかかわらず、どうしてこの空間が「スタジオ」や「アトリエ」といった命名なのでしょうか。その理由は、山本理顕さんが使う人の意見から取り入れた、「教育」への考え方から来ています。コンピュータに向き合うことが多い学部だからこそ、人とコミュニケーションを取りながら学ぶ、つまり、学びを開くことが重要だ、という考えです。
実際、このワンルームの空間だからこそ、オープンスペースには友達同士でテーブルを取り囲んでいる様子や、雛壇越しに「おはよう」とコミュニケーションを取っている様子が見えるそうです。
やはり、大空間のワンルームでゼミなどを行うことで、少しだけにぎやかになり、シーンとした雰囲気というよりも隣の人とのコミュニケーションを起こしやすい雰囲気になっているのでしょう。

機能について

このように、上の写真にあった大空間は、図で緑色で示された「スタジオ」と呼ばれている場所であることがわかります。

外観

カーテンウォールは、目の前に広がる函館山を映し出すだけでなく、その目地をできる限り細くすることで、透明感があり、意匠的な美しさも感じますね。

写真の場所は、「モール」と呼ばれる場所です。先ほどのダイアグラム(「機能について」の項の画像)における、青色の部分で、メインエントランスとなっています。
スタジオがある建物ともう一方の建物の間にはさまれた屋外の道です。
この「モール」が、この建物の端から端まで貫いていて開放的な空間を作り出し、町の人もこの大学に入ってきやすい雰囲気を作っています。
さすが、地域のコミュニティに根差したデザインで有名な山本理顕さんですね。

内観

山本理顕さんの建築にはよくあることなのですが、打ちっぱなしコンクリートという素材を使うことから一見ドライに見えますが、その地域や建築特有の要素が取り入れたりしています。
正面のガラスカーテンウォールとトップライトは、函館という寒い地域であることから多く光を取り入れようとする工夫です。トップライトのルーバーは、夏の強い日差しをやわらかくして取り込むためのものでしょう。このように、その地にあった建築を建てる、ということは、地場産の材料を使う、という選択肢だけではないことがわかります。

また、スタジオから通路を通って奥へと入ると、教室があります。ここでは、ガラス張りにすることで、中の授業でやっていることが気になったらどんどん参加していい、という考えの基作られました。まさに、「学びを開く」空間ですね。
また、どこにいても人の活動が垣間見えることがとても魅力的です。

構造計画

今回の構造計画は、木村俊彦さんです。
柱間を12.6mものスパンで飛ばすことに成功していて、そのために、一辺950㎜ある柱が全く太く見えませんね。
また、上に見えている梁は、光を柔らかくするためのルーバーを兼ねています。構造を見えるようにしていることや、打ちっぱなしコンクリートで統一することで、この建築に対する学びも開かれているように感じます。

最後に

このブログでは、「一日一建築」と称し、毎日いろいろな建築家の方の建築を紹介しています。よかったらご一読ください。↓
Pioneer Of Attractive Archi – より深く名建築について知ることができるサイト。 (attractive-archi.tech)

昨日紹介した建築はコチラ!

【ミース・ファンデル・ローエ】近代建築の三大巨匠の一人を追う。

概要 こんばんは!「一日一建築家」と称して毎日自分の好きな建築家について発信しています著者のちぇりーです!このサイトの特徴として、建築学生が建築計画という観点か…

参照サイト等

・書籍「建築をつくることは未来をつくることである」山本理顕、北山恒、飯田善彦、西沢立衛著
けんちく目線で見てみよう!「公立はこだて未来大学」|haconiwa|「世の中のクリエイティブを見つける、届ける」WEBマガジン (haconiwa-mag.com)
【建築レポ】公立はこだて未来大学を見学してきました | Daily Scenery (daily-scenery.com)
公立はこだて未来大学【設計山本理顕】函館にある情報系大学の建築をご紹介します! | 建築LIFE (takearch1894.com)

【公立はこだて未来大学】山本理顕の代表作。使う人とともに作り上げた透明感あふれる教育機関” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です