【GINZA KABUKIZA】隈さんのつくる、白の滝

出典:暮らしを築く・社会を守る 伝統技術と最先端技術の融合 『GINZA KABUKIZA』 | 事業トピックス | 清水建設 (shimz.co.jp)

概要

こんばんは!「一日一建築」と称して毎日自分の好きな建築について発信しています著者のちぇりーです!
このサイトの特徴として、建築学生が建築という観点から評価するというところで、ボリュームは少し多めですが、その分、建築についてより深く学べると思うのでぜひ見てみて下さい!

さて、今日の建築は、GINZA KABUKIZAです。和の大家と言われる吉田五十八が戦災復興のため改修した建築の建て替えで、その外装は復元されました。
これは、隈氏と三菱地所設計との共同設計となっています。

行ってみるには?

見どころ

出典:歌舞伎座タワー (shochiku.co.jp)

この「白い滝」と復元されたファサードです。

白い滝については、垂直性を基本にした外装デザインとなっています。
隈氏を代表するルーバーによって、柱を基調とする歌舞伎座の伝統を受け継ぎながら、現代のオフィス空間が必要とするシンプルで合理的な内部の無柱空間を実現します。 
また、その白さは、歌舞伎座の漆喰壁からインスピレーションを得たものですが、現代のオフィスビルに相応しい透明性と格調高さを追求した結果でもあります。

所在地

アクセス

ご利用案内(営業時間、一般開放しているか、利用料金等)については、コロナ下において変更の可能性もありますので、ご自身でHPのほうをご覧ください。

もっと詳しく(独自の観点からの評価 )

建築家(構造設計)

また隈研吾氏の設計した代表的な建築で、もっとも有名なのは、国立競技場です。
近作で、都内にあるものの中はスターバックス リザーブ® ロースタリー 東京根津美術館明治神宮ミュージアム、JR高輪ゲートウェイ駅、浅草観光センターなど多数あります。

このブログでは、「一日一建築」と称し、毎日、主に隈研吾氏の建築を紹介しています。よかったらご一読ください。↓
Pioneer Of Attractive Archi – より深く名建築について知ることができるサイト。 (attractive-archi.tech)

昨日紹介した建築はコチラ!

【銀山温泉 しろがね湯・藤屋】隈氏が作る、黒子建築。

目次概要行ってみるには?見どころ所在地アクセスもっと詳しく(独自の観点からの評価 )建築家(構造設計)コンセプトデザインのプロセス内観この建築の構成材料計画のは…

機能的提案

芝居町としてその雰囲気を町に対して損なわないこと、町に開く文化的施設となることです。

外観

出典:三菱地所|GINZA KABUKIZA ~設計監理~ (mec.co.jp)

計画のはなし

平面・配置プラン

出典:三菱地所|GINZA KABUKIZA ~設計監理~ (mec.co.jp)

五階の無料で入ることができる日本庭園です。

また、屋上庭園には、隈氏設計のカフェがあり、竹林のような雰囲気をもつオシャレな場所となっています。ぜひ併せておとずれてみてください!

動線プラン

出典:三菱地所|GINZA KABUKIZA ~設計監理~ (mec.co.jp)

三菱地所さんの、使われる方の視点で設計するという設計理念に則って、従来の閉ざされた劇場空間を超えて、これからの社会に必要な都市機能を備えつつ、昔のような一つの“芝居街”をつくりあげ、この街のニーズに応えています。写真は、駅構内の様子です。ここまで空間が延長され、開かれていることが分かります。

まとめ

参照サイト等

隈研吾建築図鑑 画・文:宮沢洋
三菱地所|GINZA KABUKIZA ~設計監理~ (mec.co.jp)
暮らしを築く・社会を守る 伝統技術と最先端技術の融合 『GINZA KABUKIZA』 | 事業トピックス | 清水建設 (shimz.co.jp)
歌舞伎座タワー (shochiku.co.jp)

参考にしている書籍の紹介

私がいつも参考にさせていただいている書籍は、「隈研吾建築図鑑」という名前で、著者の方は宮沢洋さんです。日経の出している本なので内容は安心かつ、すべてイラストで構成されているため、とても読みやすいです。
狭く深くというより、隈研吾さんの事務所の設計した建築について広く浅く学ぶことができます。初学者の方から、隈研吾さんの建築をいくつかしか知らないという方に本当におすすめなので、ぜひご一読ください。

隈研吾建築図鑑です。

商品リンクはコチラ↓
https://amzn.to/3p04kBJ

今日のプチコラム

皆さん、明日も頑張りましょう!

施設概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です